睡眠薬の副作用の特徴とは?

睡眠薬の副作用はどういったもの?

睡眠薬はバルビツール酸系、ベンゾジアゼピン系、および非ベンゾジアゼピン系睡眠薬、メラトニン系受容体作動薬に分類されます。

 

バルビツール酸系睡眠薬は、睡眠維持作用や入眠潜時の短縮作用などの睡眠促進作用をもつ一方、高い依存性、激しい離脱症状、過量服薬による致死性などを認め、限定した使用に留める薬剤です。

 

ベンゾジアゼピン系睡眠薬はGABAA 受容体のベンゾジアゼピン結合部位に作用し、

  1. 催眠作用
  2. 抗不安作用
  3. 抗けいれん作用
  4. 筋弛緩作用
  5. 健忘作用

を持ちます。

 

そのため、ベンゾジアゼピン系睡眠薬(ブロチゾラム、トリアゾラム、フルニトラゼパムなど)の副作用には、眠気、ふらつき・転倒、日中の精神作業能力低下、前向性健忘(服薬後の記憶が欠損する)、頭痛、消化器症状が見られます。

 

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬はベンゾジアゼピン結合部位の中でも副作用を発生させる結合部位が少ないので、ベンゾジアゼピン系睡眠薬類似の副作用が認められるものの、筋弛緩作用が弱く転倒予防のリスクは相対的に低いことが期待されます。

 

一方、メラトニン受容体作動薬であるラメルテオンはメラトニン受容体に作用する睡眠薬ですが眠気、めまいがみられます。

睡眠薬依存になるとどうなる?

睡眠薬の長期服用に至る患者側の要因として、治療抵抗型の重症不眠症であること、睡眠を阻害する他の疾患を合併している、もしくはその疾患の治療薬を服用していること、不安・依存傾向の強い性格である、などが挙げられます。

 

一方で、医療者側にも、症状改善後にも睡眠薬を継続する是非を判定しない、漫然と長期処方する、適切な減薬・休薬の指示を怠る、などの問題が存在します。

 

したがって、本来は長期服用もしくは長期処方の問題です。

 

減薬・休薬を実施する前提として、不眠症状とQOL障害の両面が改善されるべきです。

 

すなわち不眠症が寛解(回復)していることが求められます。

 

また、寛解(回復)に至ってから減薬・休薬を開始するまでの間には、再燃(再発)リスクを低減されるのに十分な期間をおくべきです。

 

慢性不眠症が難治性であり、睡眠薬の長期服用に陥りやすいことは「不眠症の治療アルゴリズム」でも明らかになっています。

 

しかし、難治性・治療抵抗性であるからといって長期服用、多剤併用が正当化されるわけではありません。

 

睡眠衛生指導や認知行動療法など非薬物的アプローチを最大限に活用すべきです。

 

また、睡眠薬で不眠が改善した後であっても、漫然とした長期服用は厳に戒められるべきです。